マツ再生プロジェクト
プロジェクトの進め方
   
日本の松原再生運動
・松原再生運動とは
・2つの取り組み
・再生事業実施箇所
・子供の松原実施箇所
・推進策/松アカデミー
ご支援のお願い
松保護士認定事業
『宝くじ松』配布事業
シンポジウムの開催
松林防除実践講座
   
日本の松原再生運動ロゴ
日本の松原再生シンポジウム
「日本の松原再生運動」を広く提唱するため、平成18年よりシンポジウムを開催しています。


開催日

テーマ

5

平成24年6月27日

これからの松原、地域を再生するために 

つぎへ開催要項・プログラム つぎへご報告

4

平成22年2月4日 松原再生と地場産業の将来を考える つぎへご報告

3

平成20年2月23日 庄内海岸の松原再生を考える

2

平成19年8月24日 美しい日本の松原再生をめざして〜白砂青松を考える

1

平成18年4月28日 日本の松原再生シンポジウム

 

庄内海岸 平成24年度は、6月27日に東京国際フォーラム(東京都千代田区)において「これからの松原、地域を再生するために」をテーマに開催しました。

※このシンポジウムは「三井物産環境基金」、公益社団法人国土緑化推進機構「緑と水の森林基金」の助成を受けて実施しています。

 

平成24年度松原再生シンポジウム

「これからの松原、地域を再生するために」

ライン

フライヤーイメージ

 当センターの取り組んでいる『日本の松原再生運動』は、松原の有する環境・観光・健康資源という3つの価値を再認識し、これらの資源価値を発揮しながら、もう一度地域の人たちが松原へ足を運ぶ、人と松原の関係を再生することにあります。

 平成23年度はこの運動の第1期の最終年でしたが、その年にわが国は東日本大震災に見舞われ、多くの海岸松林を失いました。これら失われた海岸林の再生を含め、今後、運動の第2期へ向かうにあたり、第1期の成果と第2期の展開についてご報告するとともに、このシンポジウムを通じて、これからの松原、地域を再生するために大切なことは何かを考え、国民参加の森林づくりの支援に役立てます。

松林防除実践講座矢印

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します著作権について