タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
スペース
  45  

45 安部屋弁天島(あぶやべんてんじま)

 

所在地

羽咋郡志賀町安部屋

 

規模

幅 0.05km、長さ 0.2km、面積 1ha、樹齢 50年

  石川県  

指定

能登半島国定公園

 

問合せ

志賀町商工観光課観光係 電話0767-32-1111(代表)

         
 
安部屋弁天島
 
立地環境

能登金剛の地形が始まる南端に位置し、海に突き出ている弁天島に樹齢約50年の松が200本立ち並びます。

松原の今昔物語 海に描かれる美しきシルエット
 とくに夕暮れ時の美しさは印象深く、赤く染まった海面に黒い帯を敷いたような島のシルエットは見る人をやすらぎの世界へと導いてくれます。
 弁天島は三味線島とも呼ばれ、かつて北前船で安部屋港を守る、天然の防波堤の役割を果たしています。安部屋港は北の福浦港と並ぶ重要な港であり、そこから出された名産品は、安部屋晒布・安部屋瓦・安部屋縮織と呼ばれていたほどです。
 島に向かうと松原の中に鳥居が見えてきます。そしてその奥に小さな社の姿が見え隠れしています。島に祀られている伊都久志麻神社であり、弁天島が港の命と言われ、海の男たちの拠り所であったことを窺わせます。また、厳寒期には、海越しに遠く白山を仰ぎ見ることができます。
 
安部屋弁天島
 
コラム

撮影ポイントとして、夏には、松原の上に夕日が乗る光景が撮れます。冬には、弁天島から白山を眺望することができます。

 
アクセス

●電車やバスの場合
JR北陸本線金沢駅下車、北鉄バス 羽咋・高浜・富来門前行き70分、「能登高浜バスターミナル」下車、タクシーで5分、徒歩20分
●車の場合
能登有料道路「西山」I.C.より10分
駐車場有り

安部屋弁天島位置図
 
 

安部屋弁天島と周辺観光情報

 ・志賀町観光協会ホームページ

 ・志賀町ホームページ

 ・富来商工会ホームページ

 

松原に由来する特産品

  海岸砂丘地の葉たばこ、ぶどう

 

近くにある松原

  増穂浦海岸

 

特産品の情報は志賀町観光協会よりご提供いただきました。ありがとうございました。


 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について