タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
スペース
  25  

伊師浜海岸林(いしはまかいがんりん)

  所在地 日立市十王町伊師605ほか
 
規模
幅0.05〜0.5km、長さ4km、面積70ha、樹齢1〜70年
  茨城県  
指定
花園花貫県立自然公園第2種特別地域、第3種特別地域、飛砂防備保安林
  問合せ 日立市観光課 電話0294-22-3111
         
 
伊師浜海岸林写真
 
立地環境

日立市北東部の海岸沿いにあり、全域が県立自然公園として指定されています。集団施設地区として伊師浜国民休養地があります。

松原の今昔物語 砂浜から断崖へと変化に富んだ海岸線に続く伊師浜海岸林

伊師浜海岸は、約3.5kmの砂浜から30mを超える断崖へと変化に飛んだ海岸線が続き、古くから、ウミウの飛来地として、また、そのウミウを捕獲して長良川鵜飼をはじめとする全国の鵜飼地へ供給する土地として知られています。

この海岸線に沿うように松林が続き、空と海の青さと松の緑が良くマッチした美しい景観が魅力です。夏場には伊師浜海水浴場が開設され、伊師浜国民休養地には、鵜の岬温泉を利用している国民宿舎鵜の岬や鵜来来の湯十王があり1年を通して人々の憩いの場として賑わっています。

また、区域の北端にはイブキの自然分布の北限に近いこの地域としては珍く樹叢を成す、国指定天然記念物のいぶき山イブキ樹叢があります。

 
 
伊師浜海岸林写真
 
コラム

海岸部では、コアジサシ、ハマギク、イワトユリが見られます。おすすめの散策路は伊師浜国民休養地内遊歩道で、外周約2km(30分)。周辺には浴室から白砂青松を一望できる市営の日帰り温泉「鵜来来の湯」や、人気の宿泊施設「国民宿舎鵜の岬」、地元物産の揃う「十王物産センター鵜喜鵜喜」、鵜飼用ウミウの捕獲地であることを象徴する飼育施設「鵜のパラダイス」など。眺望点としては、伊師浜国民休養地内の崖際から北側に続く海岸線を望む場所などがおすすめ。

ウミガメ産卵地です ウミガメ
 
アクセス

●電車やバスの場合

JR常磐線十王駅から鵜の岬温泉行きバス10分

●車の場合

常磐自動車道日立北I.C.から国道6号線経由5km。駐車場有り(国民休養地内)。

伊師浜海岸林位置図
 
 
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について