タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
21  

天神浜 (てんじんはま)

所在地

耶麻郡猪苗代町大字中小松字西浜甲

規模

幅0.5km、長さ2km、面積50ha、樹齢40〜200年

指定

国立公園第2種特別地域、防風保安林

問合せ

猪苗代町農林課農林業務 電話0242-62-2116

福島県

天神浜写真
 
立地環境

猪苗代湖の北東岸に位置し、松林に面した遠浅の砂浜です。東北には磐梯山を望め、磐梯朝日国立公園内の景勝地となっています。

松原の今昔物語 「山は雪 海は氷の 鏡かな」
古来より文人墨客に愛された佳境

猪苗代湖に流れ込む長瀬川の河口付近に砂などが堆積し、そこにアカマツの自然林が発達したと考えられています。樹高30mを超えるアカマツもあり、また、近年では少なくなったハンノキ林も残っています。

林内には日本三大天満宮の1つとされる「小平潟天満宮」もあり、遠浅の砂浜では湖水浴やキャンプ、ボート、ウィンドサーフィンなどで賑わいます。

会津地方随一の松林であり、また、防風保安林として東側に広がる水田を守る、公益的機能も果たしています。

 

砂州の松林

コラム

天神浜は冬になると結氷し、しぶき氷や蓮ノ葉氷、団子氷、氷丘脈などが生成され、氷の幽玄の世界を見せてくれます。しぶき氷とは、波しぶきが陸上の樹々などに降りかかり、寒気で凍りついたものです。

 
天神浜写真
 
アクセス

●電車やバスの場合

JR磐越西線猪苗代駅下車、タクシーで10分

●車の場合

磐越自動車道「猪苗代磐梯高原」I.C.から10分

天神浜位地図
 
 

大きな地図で見る

 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について