タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
19  

新舞子浜(しんまいこはま)

所在地

いわき市四倉町下仁井田〜平下高久

規模

幅0.05〜0.3km、長さ8km、面積120ha、樹齢100年

指定

磐城海岸県立自然公園、国有地、潮害防備保安林、保健保安林

問合せ

いわき市農林水産部林務課 電話0246-22-7474

磐城森林管理署 電話0246-66-1234

福島県

新舞子浜写真1
 
立地環境

夏井川の河口をはさみ、南北約10kmの海岸沿い
に位置します。

松原の今昔物語 昔、今、未来へと続く、人の松林への想い

1600年代、平藩の初代藩主内藤政長が、防風・防潮のため、海岸にクロマツを植えたのが松林のはじまりとされ、松林には内藤政長の法名にちなんだ「道山松」という呼び名もあります。その後、大正時代の平営林署の補植や市民団体などが整備に力を注ぎ、現在に至っています。近年は、天然更新とあわせ、植栽整備が盛んにおこなわれており、松林の世代交代が進んでいます。

新舞子浜はいわき七浜のひとつで、白砂青松の日本風景を形成し、道路の両側に松並木が続くドライブコースとしても楽しめます。松林のすぐ隣は海水浴場で、砂浜を歩きながら海と白浜、遠方まで続く松林のコントラストなどが楽しめます。

コラム

 松林の途中には、藤間沼を中心とした松林内を散策できる新舞子浜公園、夏井川河口には、市内のサイクリングコースの拠点であるサイクリング公園や、野鳥のコアジサシの繁殖地もあります。

 また海岸沿いには、かんぽの宿や新舞子ハイツ、平ユースホステルなどの宿泊・温泉施設、運動場、キャンプ場なども充実しています。

 

 

 
新舞子浜写真2
 
アクセス

●電車やバスの場合

JR常磐線いわき駅からタクシーで15分。四倉駅からタクシーにて北端まで5分、徒歩15分

●車の場合

JRいわき駅から15分。常磐自動車道「いわき中央」I.C.から15分。駐車場有り

新舞子浜位地図
 
 

大きな地図で見る

 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について