タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
17  

夕日の松原(ゆうひのまつばら)

所在地

秋田市飯島〜潟上市天王

規模

幅0.8〜1.5km、長さ14km、面積870ha、樹齢30〜90年

指定

飛砂防備保安林、防風保安林、保健休養保安林

問合せ

秋田県秋田地域振興局森づくり推進課森林整備班 電話018-860-3383

秋田県

夕日の松原写真1
 
立地環境

秋田市飯島から潟上市天王までの日本海に面した砂丘海岸に広がる松林で、背後には農地及び住宅地があります。

松原の今昔物語 生活を守り、暮らしに潤いを与える
松林は「緑の遺産」

松林造成の歴史は古く、藩政時代に遡ります。当地域はかつて不毛の荒廃砂丘地で飛砂による耕地・人家等への被害が甚だしく、人々を苦しめていました。

享保(1716〜)年代から地元の人々等により松の植栽が始まり、文化(1804〜)年代には栗田定之丞により砂防林の造成に成功しました。明治以降も県や村営による海岸砂防事業が続けられ、現在の見事な松林が成林するに至りました。

先人のたゆまぬ努力に始まり造成・維持されてきた砂防林は、海岸線に見事な松原の回廊を形成し、海岸地域における農地や快適な居住環境の保全等に重要な役割を果たしているとともに、その規模において日本の本州以南では枢要な位置を占めています。

コラム

『夕日の松原』の中央部に位置する「天王グリーンランド」には、「道の駅てんのう」、「天王温泉くらら」、「天王スカイタワー」、「出戸浜いこいの森」など多彩な施設があり、「天王スカイタワー」の展望台からは『夕日の松原』のほか『男鹿国定公園』や『鳥海山』が一望できます。サイクリングロードが松原を縦断しており、爽やかな潮風を楽しんだり、日本海に沈む夕陽を眺めることができます。出戸浜海水浴場のシーズンは7月上旬〜8月中旬です。

 

最寄の道の駅 「てんのう」

 秋田県観光ガイドホームページ 「道の駅ガイド」

 
夕日の松原写真2
 
アクセス

●電車やバスの場合

1)出戸浜海水浴場 :JR男鹿線出戸浜駅下車徒歩10分。

2)天王グリーンランド :JR奥羽本線秋田駅下車、秋田中央交通バス追分線で秋田駅から50分

●車の場合

天王グリーンランド :国道7号線から県道56号線を男鹿方面に18km。秋田自動車道昭和男鹿半島I.C.から6km。駐車場有り(道の駅てんのう、出戸浜海水浴場)

夕日の松原位地図
 
 

大きな地図で見る

 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について