タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
15  

こいずみあかさきかいがん(こいずみかいすいよくじょう)

小泉赤崎海岸(小泉海水浴場)

所在地

本吉郡本吉町中島

規模

幅平均0.1km、長さ1.5km、面積5.24ha、樹齢100年

指定

南三陸金華山国定公園、潮害防備保安林

問合せ

本吉町産業振興課水商林政班 電話0226-42-2600

宮城県

小泉赤崎海岸写真1
 
立地環境

本吉町南東部の津谷川河口から、北の太平洋岸の海岸線に沿って南北に連なる海岸林です。

松原の今昔物語 クロマツ林に抱かれた遠浅な快水浴場

リアス式海岸で、岩礁地の多い南三陸金華山国定公園の
中にあり、長さ1.5kmの松原(クロマツ林)の目前には、白い砂浜が広がっていて、クロマツ林と調和しています。

砂浜は海水浴場としても優れ、環境庁選定の全国「快水浴場百選」にも選定されており、海水浴シーズンには広く
遠浅な海岸は多くの海水浴客で賑わいます。

また、少し沖合いに立つ波は、サーファーに好まれ東北でも有数のサーフスポットとなっており、年間を通して多くのサーファーが訪れています。

コラム

近くには小泉赤崎海岸をはじめ南三陸金華山国定公園が一望できる、標高512mの田束山(たつがねさん)があります。山頂には平安時代の経塚があり、春には5万株のツツジが咲きほこり、自然と歴史に触れることができる絶景ポイントです。

 
 
 
小泉赤崎海岸写真2
 
アクセス

●電車やバスの場合

JR気仙沼線陸前小泉駅下車、徒歩10分

●車の場合

国道45号線から津谷川沿いに小泉海水浴場に向けて進入500m

松林の手前に駐車場有り

位地図
 
 

大きな地図で見る

 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について