タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
10  

碁石海岸松原(ごいしかいがんまつばら)

所在地

大船渡市末崎町字大浜地内碁石海岸

規模

幅0.12km、長さ1.1km、面積13.5ha、樹齢80年

指定

国の名勝、天然記念物

問合せ

大船渡市商工観光部商工観光物産課観光係 電話0192-27-3111(内線114、115)

岩手県

碁石海岸松原
 
立地環境

大船渡市末崎町、末崎半島の東南部に位置し、総延長6kmに及ぶ海岸線沿いにアカマツを中心とした松林が広がっています。

松原の今昔物語 潮風にそよぐ松原と美しい海岸線が織 り成す絶景の地『碁石海岸』

三陸海岸を代表する景勝地として知られている碁石海岸は、半島の先端近くの碁石浜に碁石のような黒色の丸い小石があることが名の由来となっています。松の深緑と透き通った海の青、海食による荒々しい海岸線とのコントラストはまさに絶景で、「国の名勝・天然記念物」「日本の渚・百選」にも選定されています。

岬一帯の松林は、文化13(1816)年に防潮防風林として地域の住民により植林されたのが始まりで、その松林を縫うように総延長約4kmの遊歩道が整備され、「美しい日本の歩きたくなる道500選」にも選定されています。

見どころは海食作用により大きな岩の基底部に3つの穴が空いた「穴通磯」や向かい合うように切り立つ高さ数10mの断崖「乱曝谷」、まさに雷鳴のような音が聞こえ、「残したい日本の音風景百選」に選定されている「雷岩」などです。

コラム海岸周辺はスカシユリ、ハマギクなどの海岸性の植物をはじめ、遊歩道内ではユリの王者ヤマユリなど内陸性の植物も。また、松林にはリス、タヌキなどが生息し、特別天然記念物のカモシカと出会うこともあります。写真撮影には遊歩道に設置された展望台からがおすすめで、午前10時頃が最適です。付近には市の花である椿を植栽展示している「世界の椿館・碁石」や市立博物館などの施設があり、毎年5月上旬には碁石海岸観光まつりが開催されます。

 

碁石海岸松原観光情報

 ・大船渡市ホームページ

 
碁石海岸松原
 

アクセス●電車やバスの場合

JR大船渡線細浦駅下車、岩手県交通バス碁石線で15分「碁石海岸」下車

●車の場合

三陸縦貫自動車道「大船渡碁石海岸」I.C.より10分。駐車場有り

碁石海岸松原位地図
 
 

大きな地図で見る

 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について