タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
9  

浄土ヶ浜(じょうどがはま)

所在地

宮古市日立浜町32番ほか

規模

幅0.4km、長さ0.7km、面積27ha、樹齢30〜200年

指定

陸中海岸国立公園、県指定名勝、保安林(潮害防備、保健、土砂崩壊防備)ほか

問合せ

宮古市産業振興部観光課 電話0193-62-2111(代表)

岩手県

浄土ヶ浜
 
立地環境

岩手県沿岸の中央部、本州最東端のまち宮古市に位置し、陸中海岸国立公園の中心となっている代表的な景勝地です。

松原の今昔物語 陸中海岸随一の景勝地
白砂青松「さながら極楽浄土のごとし」

宮古市は太平洋に面し、その海岸線は当市を境に北は日本でも最大規模の隆起海岸、南は世界的にも代表的な沈降式リアス海岸の壮大な景観が広がります。

宮古市の代表的な景勝地・浄土ヶ浜は、昭和29年4月に岩手県の名勝に指定(第一号)、翌30年5月には国立公園に指定され脚光を浴びました。浄土ヶ浜の名は、300余年前に霊鏡和尚がこの地を訪れ「浄土もかくや」と驚嘆し、名付けたと伝えられます。白い浜の石(石英粗面岩)と赤松の緑、澄んだ入り江の海と空の青が巧みな調和を見せており、松の緑がその美しさになくてはならないものになっています。

浄土ヶ浜は、平成8年に「日本の渚・百選」、平成13年には「かおり風景・百選」に、平成18年には「日本の快水浴場百選(海の部:特選)」にも認定されました。波静かで透明度が高く、周辺には展望台や遊歩道もあります。

コラム

臼木山は桜の名所(100種800本)、早春に白いコブシの花が咲き、4月中旬にはカタクリの紫色の花が群生、14種類のツツジ、シャクナゲも開花。また、県立水産科学館では、漁場の歴史・伝統漁法・養殖技術・100種類もの魚介類の生態モデル・未来の水産業の姿を展示しています。撮影スポットは浄土ヶ浜観光船(周遊40分)がおすすめです。園地内4つの展望台には、各駐車場から自然歩道を散策しながら5〜15分でたどり着けます。

 

浄土ヶ浜観光情報

 
浄土ヶ浜
 
アクセス

●電車やバスの場合

JR山田線宮古駅下車、岩手県北バス「浄土ヶ浜」行きで20分「奥浄土ヶ浜」下車(盛岡駅より岩手県北バス106急行号で「宮古駅前」まで2時間)

●車の場合

東北自動車道「盛岡南」I.C.から地方道経由で国道106号線に入り2時間。駐車場有り

浄土ヶ浜位地図
 
 

大きな地図で見る

 ・宮古市ホームページ

 ・岩手県立水産科学館『ウォリヤス』 → 岩手県ホームページ

 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について