タイトルマツ再生プロジェクト マツ再生プロジェクトHOME 散策ガイドMENU
7  

種差海岸(たねざしかいがん)

所在地

八戸市大字鮫町

規模

幅0.3km、長さ12km、面積150ha、樹齢60〜80年以上

指定

種差海岸階上岳県立自然公園

問合せ

八戸市観光課 電話0178-46-4040

青森県

種差海岸
 
立地環境

八戸市の東部、鮫町を起点として南東に伸びる
海岸線に広がる松林です。

松原の今昔物語 紺碧の海、白い砂浜、緑の松林の対比
が美しい松原

昭和30年頃から、防砂、防風などの目的で、市民によって造成されるなどして現在に至っています。蕪島から南東に延びる松林の中に、青い空に白い砂浜と緑の松林のコントラストが眩しく美しい大須賀海岸、戦前からの松並木と奇岩怪石で知られる淀の松原などがあります。淀の松原の樹齢80年以上の並木の遊歩道は、歩く人々に得がたい爽快感を与え、また、春から秋にかけては季節の花々が咲き乱れ、景観をさらに見事なものにします。

この海岸は夏の訪れとともに絶好のレクリエーション地となり、キャンプ場、海水浴場などの利用面でも変化に富んでいます。遊歩道も整備され、毎年たくさんの観光客が訪れます。昭和12年12月21日に名勝、昭和28年6月10日には県立自然公園に指定されました。

コラム県立自然公園内の葦毛崎展望台から種差天然芝生地までの遊歩道は、全長約5km、約2時間半の散策が楽しめます。葦毛崎展望台の周りにはニッコウキスゲやハマナスの花が咲き乱れ、また、ここからは雄大な太平洋と海岸の風景が一望でき、眺望の美しさは種差海岸でもトップクラス。種差天然芝生地は全国的にも珍しい、広大な天然芝が波打ち際まで敷き詰められた海岸で、名勝種差海岸を代表する景観です。

 
種差海岸
 

アクセス●電車やバスの場合

JR八戸線陸奥白浜駅下車

●車の場合

葦毛崎展望台、種差天然芝生地付近に駐車場有り

種差海岸位地図
 
 

大きな地図で見る

 
先頭へもどる
トップページへ 日本緑化センターホームページへ

このホームページに掲載の記事・写真の著作権は財団法人日本緑化センターに帰属します矢印著作権について