東日本大震災による松原被災情報

NEWS

  • 米内氏(日造協岩手県支部長)、「希望の松」について、ウォール・ストリート・ジャーナルの取材を受けた。

記事の取材箇所(和訳)

「樹木は非常に危機的な状態にある」と米内吉榮。樹木を生かし続ける努力を監督するため、市から代理を命ぜられた造園建設業者は語った。

「樹木が来年の2月ないし3月まで生存するならば、米内氏と他の人たちは移植することもありえると考えている。これらの期間、ここで樹木は休眠状態にあり、樹木の移植に伴う危険はより少なくなっている。それでも、マツは極めて重量がありかつ根をいっぱいに広げているので、再配置は困難となる。」

 記事はこちら